SOPATシリーズ (プローブ式画像解析粒子径・形状分析装置)

SOPATプローブをプロセスの中に入れて粒子画像を取得し、粒、液滴、バブル、細胞等の様々な粒子の粒子径、粒子径分布、アスペクト比、円形度を迅速に測定することができます。
高品質の画像取得・画像解析技術により、リアルタイムでのプロセスのモニタリングや品質管理を可能にします。濃度の高い懸濁液中の粒子径も測定可能です。

 

特徴

  • サンプリングや経時変化の影響を気にせず、リアルタイムで粒子径分布や形状が管理可能。
  • 結晶化による粒子径や形状の変化を追うことが可能です。
  • プローブの選択により、様々な環境に対応可能です。
  • 混合粒子それぞれの粒子径測定や、好ましくない粒子(バブル等)を除いての粒子径分布測定も可能です。

 

動作フロー

sopat1a

 

仕様

SOPAT仕様表

 輸入元:三洋貿易株式会社

電話・メールでのお問い合わせ

03-3350-5771

メールアドレス

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム