金属検出機 メタリダー Mシリーズ (樹脂ペレット、粉粒体用)

メタリダー

磁石を使わずにあらゆる金属を検出。
高感度センサーが樹脂ペレットに封入された金属異物も検出・除去します。
利用シーンに応じて、メタリダーの能力を最大限発揮できる3シリーズをラインナップ。

独自の誘電損失分離型高周波発振式センサーと電子回路技術により、高感度と安定した金属検出を実現。
新開発のφ15センサーにより、最高感度/Fe:sφ0.16㎜相当・SUS304:sφ0.24mm相当を実現。

基本構造

金属異物除去装置メタリダーPLN型の構造イメージ図

メタリダー 金属検出の原理

特徴

高感度+多量処理

○新開発のセンサー連結ユニット(MHD・MF)により、さらなる高感度化と処理能力が2倍
 (従来機PLN比)
 ・同じ処理能力で感度アップ
 ・同じセンサー口径なら設置台数を半減
○メタリダー独自のセンサー多チャンネル配置により高感度のまま多量処理

高感度+安定運用

○非磁性金属の検出に強い
 Fe(磁性金属)とSUS(非磁性金属)の検出能力の差が小さい(約sφ0.1mm)
○全機種に耐静電気仕様を標準装備
 材料自身がもつ静電気による誤動作を低減し、更に安定した運用を実現
○耐振動設計だからインラインでも安心して使用できます

簡単操作+簡単メンテナンス

○電源スイッチを入れるだけ。難しい操作はなく、誰でも簡単に使用できます
 特別なオペレーショントレーニングも必要ありません
○シンプルな本体構造のため、清掃やメンテナンスも簡単

高感度・高機能 MHDシリーズ/大量処理 MFシリーズ

MHDシリーズ

メタリダー MHD_2chタイプ

新開発φ15センサー
Fe:sφ0.16㎜相当・SUS304:sφ0.24㎜相当を実現

  • 必要な処理量に応じてチャンネル数を増やすことで、高感度と多量処理を両立
  • 履歴管理によるトレーサビリティへの活用
  • タッチパネルを採用、直感的な操作と細やかな設定が可能

 

MFシリーズ

メタリダー MF_4chタイプ

高感度を活かしたまま1台で10t/hを実現(MF4-40タイプ)

  • 処理量と検出能力が合わず、金属検出機が未導入の汎用樹脂の製造ラインにも対応
  • 従来機(PLN型)より検出感度アップ
  • シンプルな機能設計により、設備導入コストを低減
  • 小口径センサーの多チャンネル配置により、不良排出量を最小限に抑え、材料ロスを低減

 

MHDシリーズ MFシリーズ
機 種 名 MHD*-15 MHD*-20 MHD*-24 MF*-30 MF*-40
センサー口径[mm] φ15 φ20 φ24 φ30 φ42
検出感度
[mm]
Fe sφ0.16相当(※1) sφ0.2 sφ0.3 sφ0.4 sφ0.5
SUS304 sφ0.24相当(※2) sφ0.3 sφ0.3 sφ0.5 sφ0.6
処理能力
[kg/h]
   ※3
1ch 180 390 620
2ch 360 780 1240 2100 5400
4ch 720 1560 2480 4200 10800

 * 機種名は(シリーズ名)(チャンネル数)-(センサー口径)で表します
※1 検出感度の算出にはテストピースt0.1×φ0.17mmを使用し、その体積相当の球体に換算(環境温度15~45℃)
※2 検出感度の算出にはテストピースt0.15×φ0.25mmを使用し、その体積相当の球体に換算
※3 処理能力は投入する材料の形状・比重によって変動します。上記はポリプロピレン(PP/バージン樹脂ペレット/かさ比重0.89)を一定投入して得られた処理量から、各チャンネル数の処理能力を算出しています。あくまで目安としてお考え頂き、実際の処理量はサンプルテストの実施を推奨します。

MHD_dia_1-2ch

 

 

 

 

 

 

 

 

 MHD_dia_4ch

 

 

 

 

 

 

 

コンパクト  MCシリーズ

メタリダー MCタイプ

シンプルでコンパクト
「メタリダー」シリーズの基本形

  • 材料の受入検査、リサイクルペレットの検査はもちろん、成形機の機械保護など幅広い場面でお使い頂けます
  • 従来機PLN型より検出感度アップ
  • 処理能力も最大約1.5倍アップ(従来機PLN比)
  • 耐振動設計のため、成形機等に直接設置しても誤作動なく安定した金属検出・除去が可能

MC_dia

○外形寸法

機器サイズ H495×W258×L300㎜
重量 約17㎏(上部ホッパー除く)
定格消費電力 60W

 

MCシリーズ
機 種 名 MC-20 MC-24 MC-30 MC-40
センサー口径[mm] φ20 φ24 φ30 φ42
検出感度
[mm]
Fe sφ0.2 sφ0.3 sφ0.4 sφ0.6
SUS304 sφ0.3 sφ0.3 sφ0.5 sφ0.7
処理能力[kg/h]※4 230 320 590 1500

※4 処理能力は投入する材料の形状・比重によって変動します。上記はポリプロピレン(PP/バージン樹脂ペレット/かさ比重0.89)を一定投入して得られた処理量から、各チャンネル数の処理能力を算出しています。あくまで目安としてお考え頂き、実際の処理量はサンプルテストの実施を推奨します。 

使用例

たとえばこんな時!…あらゆる場面で最適なシステムを構築できます

メタリダー使用例

共通仕様

MHD MF MC
金属検出方法 誘電損失分離型高周波発振式
異物除去機構 ソレノイド駆動式ダンパー
排 出 口 径 外径φ50㎜
対 象 材 料 樹脂ペレット ※樹脂ペレット・粉粒体以外の材料でご使用される場合は予めご相談ください
材料移送方法 自然落下方式
材料投入高さ 上部ホッパー上面より高さ10cm以内
※ホッパー上部のプロテクター内に落下させること 
本体フレーム上面より高さ12㎝以内(標準)
上部ホッパー上面より高さ100c以内
(上部ホッパー装着時)
※ホッパー上部のプロテクター内に落下させること 
定 格 電 圧 AC100V (50/60Hz)
絶 縁 抵 抗 1MΩ以上
耐 電 圧 1000V 1分間
使用環境温度

5~40℃※但し結露なきこと

5~40℃(標準) ※但し結露なきこと
保存環境温度 -20~60℃
※但し結露なきこと 
 -25~60℃(標準) ※但し結露なきこと
使用環境湿度 45~85%RH ※但し結露なきこと
使用周囲雰囲気 油煙、腐食性ガス、可燃性ガスのないこと
投入材料温度 5~70℃
※使用環境温度45℃以下
5~40℃(標準) ※使用環境温度40℃以下
機器設置条件 底面が水平になるように設置
主要部品材質   本体主要部・材料接触部/ステンレス鋼板(SUS304)
  センサー内材料接触部/セラミックス
外部出力端子 金属検出信号(NO)
正常運転中信号(NO)
搬出警告出力(NO)※2ch・4chのみ
正常出力リレー(NC/NO)、金属検出信号(NO)
搬出ダンパー用サーキットプロテクタトリップ信号(NO)  

水洗い対応メタリダー WPM型のご紹介はこちら>>

製品カタログダウンロード

電話・メールでのお問い合わせ

03-3350-5771

メールアドレス

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム