せん断加熱式 穀物アルファ化粉砕機

穀物アルファ化粉砕機穀物類に含まれている結晶質でんぷん(ベータでんぷん)を非晶質(アルファ化でんぷん)に変えるとともに、粉末化する装置です。

アルファ化した穀物粉末は、非常食、流動食、増粘材などの食品添加材としての利用が期待できます。
当社では、本装置で製造したアルファ化穀物粉末の販売も進めております。

 

 

 

特徴

  • 短い粉砕時間
  • 粉砕+アルファ化が数秒程度で完了!
  • 素材の変質(色つき、風味の減少等)が少なくなります。
  • 簡易な操作性
  • 7mm程度の大きさまでの原料を処理可能
  • 穀物の種類により加熱温度・水分量を変えることで、さまざまなアルファ化粉末が得られます。
  • 製造工程の簡略化
  • 本装置のみでアルファ化穀物粉末を得ることが可能!
  • 工程管理も容易→製造コストを低減
  • 分解、洗浄性
  • シンプルな構造で、少ない工具で分解することが可能

アルファ化された米の物性の違い

アルファ化された米の物性の違い

仕様

型式 処理能力 動力 加熱温度 概算重量
(kg/hr) (kW) (℃) (kg)
HSM-600 ~25 7 Max.180 300
HSM-250 ~10 3.5 Max.150 150
HSM-090
※卓上ラボ機
~0.1 0.3 Max.140 16

異物除去…ロータリーキャッチャー
殺菌受託加工はこちら>>

本技術を利用した新アルファ米のご紹介>>

製品カタログダウンロード

電話・メールでのお問い合わせ

03-3350-5771

メールアドレス

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム