ロボットシフターRPS-205 (連続全自動音波振動式ふるい分け測定器)

ロボットシフターRPS-205試料の投入からふるい分け後の計量、清掃までを完全自動で行うふるい分け粒度分布測定器です。サンプルは最大20点までセット可能、パソコンを併設する事によりデータ保存や統計処理等もできます。

 

 

 

特徴

  • フルイ分けとフルイ清掃同時進行
    2つのハンドを内蔵し右側ハンドはフルイの計量部とふるい分け部の移動や各段のふるいの持ち上げを行い、左側ハンドは使用済各段フルイの清掃及び次測定のフルイセットの準備を行います。2つの動作が同時に進行しますので、大幅に時間を短縮します。
  • 多品種測定可能
    組み合わせの違う2パターン(1セット8段までフルイセット可)までのフルイがセット出来るので目開きの違うフルイの組み合わせで多品種連続測定が可能です。
  • 最大20点連続測定可能(標準)
    本体に20点オートサンプラーが内蔵され、無人連続測定・夜間の自動測定等が可能です。
  • オンライン化
    ラインに自動サンプリング装置、自動搬送装置、自動縮分装置及び回収装置を組み込む事により、オンライン測定が出来ます。

 ふるい清掃シェル

RPS-205の新機能「ふるい清掃シェル」では、シェルを反転することでふるいの清掃ができるようになりました。 これにより、ふるいだけを反転させる方法に対し、動作の安定性が増すと同時に、密閉系での清掃が行えるため、測定作業環境が大幅に改善されます。

measure_rps205_1ふるい反転時は、①ふるい裏面ブラッシング②2か所のふるい枠③ふるい上下のエアーレーション④ふるい下から上への吸引の4機能でふるいを強力に清掃します。

ふるい清掃シェル

 

 ↑清掃動作を動画でご覧ください。

製品カタログダウンロード

電話・メールでのお問い合わせ

03-3350-5771

メールアドレス

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム