ロボットシフターRPS-105 (音波振動式ふるい分け測定器)

ロボットシフターRPS-105

サンプルの投入、フルイ分けの測定から計量、計算結果にいたるまでを自動化した周波数可変型測定器です。音波式でふるい分けを行うため、振動式、ロータップ式と比較して短時間に効率良く分級できます。(音波式の原理参照)ふるい分け後の計量はロボットハンドが行い、計算結果も自動でプリントアウトされ、操作パネル上にも表示されます。特許取得品である本装置は、高精度のフルイ分けが可能なことからロングセラー品として人気も高まり、納入実績も多数を占めました。工程管理・品質検査・合理化等にぜひお役立て下さい。

特徴

 ↑RPS-105の測定動作を動画でご覧ください。

  • 自動測定
    サンプル計量、フルイ分け、演算、データプリントアウトまで全自動にて行われます。測定者は、サンプルをセットしてスタートスイッチを入れるだけです。
  • 分級精度の効率化
    音波方式+機械式パルスの相乗効果により、ロータップや電気振動フルイと比べて分級精度が非常に高くなっています。
  • 低騒音
    機械的、電気フルイとは、比較にならない程、静かです。
  • フルイ網の耐久性向上
    音波による縦振動である為、試料が網の上を跳ねる事による接触時間の減少により、網の磨耗も少なくなります。
  • 音波の立ち上がり・下がりをコントロール
    微粉や静電気の強いサンプルを、音波の立ち上がり、下がり機構で効率良く分級します。
  • 音波の周波数が変更可能(40~90Hz)
    音波周波数を変更する事により分級精度を向上させました。

 使用分野

医薬品・食品・電子材料・建設・鋳物砂・セラミックス・樹脂・金属・鉱物・触媒等

 

製品カタログダウンロード

電話・メールでのお問い合わせ

03-3350-5771

メールアドレス

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム