動的安息角測定装置 DAR-100

DAR-100型は従来法で測定する静的安息角と、 動的安息角(回転セル内部における粉体層の傾斜角度)の双方が自動測定できる装置です。 本機では安息角を測定するためにCCDカメラで傾斜角度を撮像してコンピュータでの解析が可能です。

コンピュータシミュレーションに必要な粒子間付着力や摩擦係数を、本機で得られた実測値から決定できるソフトも完備しており、「実際の粉の挙動」を机上で求める事が可能です。

DAR-100_system

 特徴

  • 1台で静的安息角(従来の安息角)と動的安息角(流動状態での安息角)が測定可能です。
  • 静的・動的共に、角度測定は内蔵のCCDカメラにてデジタル撮像されます。
  • PCに取り込まれた画像は、当社独自のアルゴリズムで角度値に変換されます。
  • 実測された実粉の安息角をDEM(粒子離散要素法)などの数値シミュレーションに反映させることで、より精度の高い数値シミュレーションが可能になります。
  • オプションで造粒粉の摩損度を測定するセルも用意しました。

PCシミュレーションによる静的・動的安息角

DAR_data1

仕様

測定項目 静的安息角、動的安息角、摩損度(オプション)
操作可能項目 静的用ふるい振動強度、動的用測定セル回転速度・回転方向
必要サンプル量 約100 cc(安息角により必要量は異なります)
標準備品 静的測定テーブル・動的測定セル・φ75 JISふるい3種・USBケーブル
寸法/重量 400W×300D×370H(mm)  約20 kg
電源 AC 100V 50/60 Hz 2A
オプション 摩損度測定セル

 DAR_co_logo

電話・メールでのお問い合わせ

03-3350-5771

メールアドレス

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム