殺菌設備

殺菌工程は、食品の安全を確保するために最も重要な工程になります。当社の食品受託工場では、一般に熱殺菌法と呼ばれる殺菌・滅菌法を採用しており、原料の種類や各種加工の工程に合わせ、最適な殺菌を行います。

SKS-50(CIP全自動殺菌装置)

全自動殺菌装置SKS-50

健康食品・機能性食品・乾燥野菜・漢方薬・生薬といった食品乾燥物の粒、ホール、チップ、刻み、スライス、荒挽き、粉末(数ミリから10ミクロン程度まで)を殺菌する為の装置です。150℃以上の過熱水蒸気で2~3秒程度殺菌します。長い配管を通すので付着性の強いものには適しませんが、短時間処理のため、熱による色・風味・香り・栄養成分の劣化が少ないのが特徴です。

SKS-50(CIP全自動殺菌装置)の詳細はこちら>>

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌機)

オートクレーブ

オートクレーブは、医療や製薬分野でも使われる装置で、機器内部圧を高温の蒸気によって上げることで滅菌を行います。

120℃程度の飽和水蒸気で数十分間殺菌します。長時間高温で殺菌するので原料によっては褐変の心配がありますが、付着性の強い素材にも使用でき、また、高回収率が特徴です。

 

食品受託加工見積依頼書はこちら>> ※各種テストの御依頼もこちらからどうぞ

電話・メールでのお問い合わせ

03-3350-5771

メールアドレス

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム