真密度測定

液相置換法(ピクノメーター法)

オートトゥルーデンサー MAT-7000 (自動湿式真密度測定器 )ピクノメーター法では、セルの中にサンプルと分散媒を入れ、サンプルの細孔や粒子間に液体を浸入させるための脱気を行い、その後ある液面まで液を足して重量を量り、そのときの液温を計るという方法です。サンプルによって置換される液体の重量から比重を得ます。粉体のサンプルに適しています。

使用機器 AUTO TRUE DENSER MAT-7000
サンプル量 50ml以上
分散媒 ブタノール(水、エタノール)
納期 2~3日

 

気相置換法

気相置換法では、ボイルの法則により一定温度で気体の体積と圧力を変化させて、サンプルの体積を求めます。気体にはHeガスを用い、圧力と体積を変化させてサンプルの体積を求めます。サンプルの密度は体積測定後、重量を計量して求めます。固形物等の密度や分散媒に溶けてしまい、湿式測定が難しいサンプルに適しています。

使用機器 VM-100
サンプル量 100ml以上
使用ガス Heガス
納期 2~3日

 

測定依頼書はこちら(Excel)>>

測定依頼書はこちら(PDF)>>

製品カタログダウンロード

電話・メールでのお問い合わせ

03-3350-5771

メールアドレス

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム