ダイエット

ダイエットの基本


ダイエットとは本来の意味では病気治療や健康増進を目的とした食事療法、またはそのための特別食、制限食を指します。日本のみで、美容、肥満防止のための食事制限、または減量法の意味に使われています。

ダイエットというと食事制限や過酷な運動をイメージされる方が多いと思いますが、続かない無理な生活習慣は身体にとって良いものではありません。一度痩せることができても再び元の体重、あるいはそれ以上に戻ってしまうリバウンドを起こしかねません。

食事での摂取カロリーに対して運動などでの消費カロリーが少なければ、残ったカロリーが体内に蓄積されることになり、太るということになるのです。つまりダイエットの基本は摂取量の減少と消費量の増加というわけです。ですがどちらにも偏り過ぎないものが理想的といえるでしょう。

ダイエットの必要性


ダイエットを考える前に、その必要性があるか考えてみることが大事です。
肥満・やせの程度をチェックするとき、BMI (Body Mass Index)が参考になります。BMIは、次の計算式から求まります。
BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)
BMIは18.5~25が標準とされ、それ以下の方はダイエットの必要性は特にないと考えられます。逆に数値が25以上の方は、肥満がもたらす様々な病気のリスクを回避するためにダイエットを考えた方がいいかもしれません。

基礎代謝


基礎代謝とは、人間が生存していくにあたり必要となるエネルギーの事で、成人男性で1日1400kcal、女性で1200kcal程度とされています。基礎代謝量は筋肉量で上下するため、身体が出来上がっていない子どもや、衰えていく高齢者は低くなっています。この基礎代謝量と身体活動の強度により1日の消費カロリーが決定されます。
つまり、基礎代謝の多い人ほど、そして良く運動をする人ほど消費カロリーが大きく太りにくいのです。
 また、体内に脂肪を溜め込まないことも重要です。食物繊維やビタミンB1を多く摂り、便秘の解消と体脂肪の燃焼を促進しましょう。
 
健康的なダイエットのためには消費カロリーだけでなく、バランスのとれた食生活を続けることが大切です。普段の食事というのは非常に大事なものなのです。

ダイエットの為の基礎知識


現在、日本ではエクササイズを含めて痩身手段を総称して「ダイエット」と呼ばれていますが厳密に言うと「ダイエット」とは食事療法の事を指す単語です。さて、それでは痩せたいと考えたとき最初に何をしようと考えますか?とりあえず食事の量を減らす、間食をやめる、そう考えるのが一般的ではないでしょうか?

摂取カロリーを減らす事は、体重を減らす事だけを目的とするならば確かに有効な手段と云えます。しかしながら、むやみに体重だけを減らしても痩せたい部分を効率的に落とす事はできませんしイライラ、肌荒れ、生理不順などを引き起こしかねません。

「ダイエット」の基礎知識を知り、無理なく理想的な体型に近づく方法を知りましょう。
まず、「何故太るか?」を考えてみましょう。
単純に考えれば、太るというのは「摂取カロリーが消費カロリーを上回っている」という事です。要は運動不足や食べすぎが原因ということになりますが、果たしてそれだけでしょうか?

ダイエットのポイントは基礎代謝率


例えば、同じ身長の女性がほぼ同じカロリーを摂取して消費していたとしても、必ずしも
体重が同じでないのはなぜでしょうか?それは骨格、筋肉の付き方、体質などによる基礎代謝カロリー消費量が違う為。プラス食べ方、食べ合わせ、食べる時間、なども関係しているのです。

代謝を良くするには規則的にエクササイズを行う事も重要ですが、代謝を良くする食品を積極的に摂取する事も重要なポイントになります。あと代謝を上げる為に最も重要になる事は、食事と食事の間を空けすぎない事が一番重要なポイントになります。

例えば、良く知られている事ですがお相撲さんは効率良く太る為に一日2食にしています。稽古の後、ペコペコの状態でドカ食いをして昼寝をするのです。そうする事によって代謝を悪くして脂肪を沢山溜め込む体質作りをしている訳です。もし、あなたが力士を目指していないなら(笑)食事と食事の間を空け過ぎる習慣と、食べたらすぐ眠る習慣をまず考え直してみるべきです。

メリハリボディを作る為のダイエット


同じカロリーを摂取する場合でも、朝2:昼2:夜2と食べるのと、朝なし:昼1:夜5という比率で食べるとしたら、圧倒的に後者のほうが太りやすくなります。

朝:しかしながら朝から食欲がない人が無理に沢山食べる必要はありません。
そんな人は、朝1:昼3:夜2に変えても問題はありません。ただしデトックス効果の高い食物繊維入りのシリアルか玄米、ヨーグルトは必ず摂る事をお勧めします。便秘気味の人は、朝コーヒーを飲む習慣をつけることをお勧めします。

昼:昼は簡単なサンドイッチなどで済ませてしまう事も多いかと思いますが、できればたんぱく質と野菜、炭水化物、果物などをバランス良く摂る様に心がけましょう。
 
夜:夕食は、眠る3時間前までには必ず済ませておきましょう。朝や昼と違ってこれから活動する時間帯ではありませんので、炭水化物は多く摂る必要はありません。緑黄色野菜とたんぱく質を中心にメニューを決めましょう。

*内臓の代謝を良くする事も重要なので、朝はデトックス効果の高い食物繊維や便通を良くするコーヒーを必ず摂るように心がけましょう。

痩せるサプリメントって?


飲むだけで痩せられるという名目でダイエットの為のサプリメントが販売されています。

日本国内で販売されている商品は、比較的安全なものが多く『微生物ダイエット』や『黒酢のサプリメント』『カロリーカットサプリメント』などが人気ですが、健康増進のためには有効であると思いますが減量にはいたらない商品が多いというのもまた真実です。

腸内の環境を良くする(内蔵代謝をあげる効果)と同時に活性酸素を除去するような成分が含有されているサプリメントであれば、劇的な体重の減少はなくても確実にキレイに痩せられる可能性があります。

自分の体質や体調にあわせて、飲むことで体調が改善されお肌の調子もよいと感じられるような商品を選ぶとよいと思います。

また海外から輸入されている重度肥満の人のサプリメントの中には食事制限も運動もなしで痩せるというサプリメントの中に(代謝を良くして痩せるというコンセプトの元に脳内のホルモンをコントロールする為、カフェイン・マカなどの成分が多く入っている商品)も良く目にします。
心拍数を多くして体温を上げる事でカロリー消費を上げるこの手のサプリメントには心臓や腎臓に負担がかかりすぎて死亡するケースもある(アメリカで症例が多数)という事を知っておく必要があると思います。また胃に負担がかかり空腹時に服用すると胃にかなりのダメージがありますので注意が必要です。いずれにしても服用するだけで体重が減少するようなサプリメントや薬はかなりのリスクを伴うということを覚えておいてください。

アムラ、マカ、キャンドルブッシュ他、美容サプリのご紹介ページ

ストレスフリーダイエット

美容と食事

医食同源という言葉が広まったように、食事と健康は切っても切れない関係にあります。美容に関しても同様です。

詳しくはこちらLinkIcon

SODと活性酸素

活性酸素は老化や疾患を引き起こす原因のひとつとされており、この活性酸素をそのままにしておくと健康は著しく損なわれるため、体はさまざまな成分によって対策を講じています。

詳しくはこちらLinkIcon

ストレスケア

ストレスとは、外部から刺激を受けて体に起こる反応と、その原因となる刺激(ストレッサー)のことです。

詳しくはこちらLinkIcon

スキンケア

スキンケアとは、健康な皮膚を維持するために手入れをすることです。予防としてのスキンケアがとても重要です。

詳しくはこちらLinkIcon

ダイエット

ダイエットとは、本来の意味では病気治療や健康増進を目的とした食事療法、またはそのための特別食、制限食を指しますが、日本では美容、肥満防止のための食事制限、または減量法の意味に使われています。

詳しくはこちらLinkIcon

PMSのお話

多くの女性が多かれ少なかれPMS(月経前症候群)の症状を持つとも云われています。女性にとってとても大切なお話です。

詳しくはこちらLinkIcon