スキンケア

スキンケアの基本

スキンケアとは、健康な皮膚を維持するために手入れをすることです。
予防としてのスキンケアがとても重要です。

スキンケアの基本として、以下の3点があげられます。
1) 皮膚を清潔に保つ
2) 皮膚の乾燥を防ぐ
3) 紫外線から皮膚を守る

皮膚を清潔に保つ


毛穴が汚れや皮脂でふさがってしまうとニキビや肌荒れの原因となります。外出後に手を洗うように、帰宅時、肌や顔は清潔にする必要があります。

『24時間つけていてもOKなファンデーション』など人気があるようですが、肌に刺激の少ない成分だとしても自分の皮脂と汚れで酸化したファンデーションを顔にのせたままにする行為などもっての外です。

洗顔はただ落とすのではなく、泡立てた洗顔石鹸等でやさしく行うことが大切です。また、すすぎはしっかり行い、すすぎ残しがないようにしましょう。

皮膚の乾燥を防ぐ


皮膚の水分は普段の生活で奪われていきます。また、洗顔後の肌は潤いを失っています。乳液や美容液で洗顔後の保湿を行い、肌の乾燥を防ぎましょう。

[外的要因による乾燥→炎症→ダメージ→老化「しみ」「しわ」「たるみ」]という肌ダメージの連鎖にならないように保湿をしっかりして乾燥からお肌を守りましょう。

紫外線から皮膚を守る


肌の老化の一番の原因は加齢ではなく光老化です。
顔や腕などの太陽にさらされている部分と、太もも臀部などの普段隠れた部分の皮膚を比べてみると、その弾力や色素などをみると良く分かります。

表皮の底に存在するメラニン形成細胞「メラノサイト」が、紫外線から肌を守るために生成されるメラニンが、シミ・そばかすの原因とされています。生成されたメラニンの代謝がうまくいかないと、その跡がシミとなって表れてくるのです。

とくに年齢を重ねるにしたがってこの代謝作用(ターンオーバー)が衰え、シミができやすくなってしまいます。シミを防ぐためには紫外線を防ぐことが重要で、日光を避けるために帽子や日傘をつかう、SPFの高い化粧品を使うといったケアが効果的です。

美肌作りには何を食べたら良いか?


やみくもにコラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸だけを摂取して美しい肌を作れるというわけではありません。

まずは美肌のための一日に最低必要な栄養素の量を覚えましょう。

炭水化物(ごはん・パスタ・パン・うどん類):お茶碗2杯位
野菜(緑黄色野菜+淡色野菜):野菜ジュース300ml
たんぱく質(肉類・魚類・豆腐・卵):150g
脂質(オリーブオイル・バターなど):大匙1杯

以上が、美肌のために最低必要とされる栄養素だと考えて下さい。

美しい肌になろうと考えるならば、毎日以下9品目の栄養素もバランス良く摂る事が必要になります。
〔肉・魚・卵・豆類・海藻類・乳製品・野菜類(緑黄色・淡色)・貝類・油類〕

+コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸などを摂取することで、キレイなお肌に!

もし苦手な食材があれば、その栄養素はサプリメントで摂るという方法もありますし、あまり厳密に考えすぎてストレスになってもいけませんので(笑)とりあえず9品目を頭の中に入れておいて頂ければ結構だと思います。スキンケアにはバランスの良い食生活、充分な睡眠も欠かせません。

sign.png

アムラ、マカ、キャンドルブッシュ他、美容サプリのご紹介ページ

ストレスフリーダイエット

美容と食事

医食同源という言葉が広まったように、食事と健康は切っても切れない関係にあります。美容に関しても同様です。

詳しくはこちらLinkIcon

SODと活性酸素

活性酸素は老化や疾患を引き起こす原因のひとつとされており、この活性酸素をそのままにしておくと健康は著しく損なわれるため、体はさまざまな成分によって対策を講じています。

詳しくはこちらLinkIcon

ストレスケア

ストレスとは、外部から刺激を受けて体に起こる反応と、その原因となる刺激(ストレッサー)のことです。

詳しくはこちらLinkIcon

スキンケア

スキンケアとは、健康な皮膚を維持するために手入れをすることです。予防としてのスキンケアがとても重要です。

詳しくはこちらLinkIcon

ダイエット

ダイエットとは、本来の意味では病気治療や健康増進を目的とした食事療法、またはそのための特別食、制限食を指しますが、日本では美容、肥満防止のための食事制限、または減量法の意味に使われています。

詳しくはこちらLinkIcon

PMSのお話

多くの女性が多かれ少なかれPMS(月経前症候群)の症状を持つとも云われています。女性にとってとても大切なお話です。

詳しくはこちらLinkIcon