コンプライアンス

株式会社セイシン企業の社内コンプライアンス体制

株式会社 セイシン企業
コンプライアンス委員会

コンプライアンスへの取り組み

株式会社セイシン企業の社訓に、我々セイシン企業の社員は、歴史の前進、社会の進歩、福祉に極力貢献する姿勢を失ってはならないと謳っています。創立から現在に至るまでの社歴は、粉体専門機器メーカーとして、常にお客様に信頼と信用を提供してきた証しと考えています。昨今、めまぐるしく変化する社会の 中、社会からは高度な倫理観が常に企業に求められています。企業には、社会に貢献する使命と共に、社会の倫理と法令を遵守し企業活動をおこなう姿勢が強く 求められています。企業が社会的責任を持つ存在である以上、会社、役員、社員が、法律を遵守する事無くして、企業活動を営む事は考えられません。
株式会社セイシン企業は、お客様からの信頼、信用を維持し、社会との整合性を持ち企業の持続を図る為に、社内コンプライアンス体制を構築し、可能な限り透明性のある企業作りを目指し、社訓の姿勢を堅持して参ります。

コンプライアンスの目的

コンプライアンス委員会の目的は、株式会社セイシン企業、国内外の関連企業の企業倫理と遵法体制を管理、監視、指導し、社会的に求められる企業倫理観を継続的に維持し健全な企業活動を営める環境作りを目指しています。

コンプライアンス委員会

株式会社セイシン企業のコンプライアンス委員会は、様々な分野に対応する為に、社内の役職者より構成し、社内コンプライアンスの行動基準を定着化させてまいります。委員会は、法務担当を委員長におき、機能的に対応する体制を構築しています。さらに社内知識に止まる事無く、幅広い企業倫理に関する知識を常に 導入する為、社外より専門的なアドバイザーを設けています。

コンプライアンス委員会の特色

compliance

  • コンプライアンス委員会を中心に、各組織に情報の伝達と情報の取得がスムーズにおこなわれる組織体制を取り入れています。
  • 社内に監査役、内部監査室を設け社内の監査が自主的におこなえる体制と社外アドバイザー制度の導入を取っています。
  • 社員の相談窓口としての、社長室、セイシン会を通じて一般社員がコンプライアンス委員会に参加できる体制を設けております。
社長室 社長と社員との情報交換を促す組織(内部告発受付窓口)
セイシン会 若手社員の代表が会社を論じる組織
  • 改善勧告がスムーズにおこなえる様、各事業部にコンプライアンス担当者を設けております。

コンプライアンス委員会の役割

  • コンプライアンスが経営の根幹である認識育成
    企業、社員に対する、しっかりした遵法意識と倫理観教育
管理者への対応 役員会、チーフ会議、社内報、研修会、朝礼等
社員への対応 全体会議、社内報、研修会、朝礼等
  • コンプライアンス経営の確認、指導、支援
  • 法令遵守の為の具体的行動基準(企業行動マニュアル)の整備
    各部門が法律、政令、省令を確認し、適切なる行動基準を作成する。
  • 様々な国内外の各種法令紹介と会社社内規則の周知徹底と行動確認
    労働関係法規、社内就業規則等
  • 会社、取締役、管理者、社員のコンプライアンス経営への啓発
    コンプライアンスへの取り組みを、社員一人一人が確実に実行できる様、積極的に啓蒙活動を実施。
  • 定期的なコンプライアンス委員会の開催
    毎月1回、コンプライアンス委員会を開催し、社内行動基準の確認と新たな取り組みを確認。
  • 社内報、研修会を活用した社内へのコンプライアンスの周知徹底
  • 継続的な具体的行動基準の見直しと改定作業
  • 保安、防災、環境等、安全衛生に配慮した企業活動の指導、確認
  • 適切な事業活動報告
  • 経営情報の開示と会計処理
  • 弊社製品の安全性の確認と適切なハンドリング
  • 安全保障貿易管理に関連する法令確認と適切な行動判断、確認
  • 適切な輸出入関連法規の遵守、指導、確認
  • グローバル化にともない、国内、海外に展開する関連会社に対するコンプライアンス体制確立と指導
  • 問題を未然に防止すると共に、問題の確認、調査、改善、再発防止指導
  • 関連諸監督官庁との連絡、相談と社内へのフィードバック
  • 重要且つ専門的な問題に付いては、専門の部会を設け議論いたします。

以上、株式会社セイシン企業のコンプライアンスへの取り組みに関し、御報告させていただきました。今後、適切なる企業活動をもとに、更に、お客様に信頼、信用していただける企業作りに邁進して参ります。